Communication In The Workplace | 1 min read

職場でのコミュニケーションは、ビジネス長寿に影響を与える方法職場での

how communication in the workplace influences business longevity
Mary Kate Morrow

By Mary Kate Morrow

適切なコミュニケーションは、あらゆるビジネスの効率、有効性、および生産性のために不可欠です。

導入

職場でのコミュニケーションの改革の明らかな必要性があります。従業員の 57% は、明示的な指示を与えられていないと報告していますが、69% の経営者彼らは自分の従業員との通信が快適ではないことを報告する。

効果的な職場コミュニケーションとは?

introduction 32054

最も単純な用語では、職場の通信は、組織内のデータの交換として定義されています。効果的な職場通信は、データが正しく送受信されるときに発生します。非公式、正式な、外部、および内部通信を含む通信の多くの異なる種類があります。

コミュニケーションを効果的に使用すると、企業は収益を改善し、事業運営に関わる誰もが利益を得るでしょう。効果的な職場コミュニケーションの最も基本的な利点には、次のようなものがあります。

  • 明確に定義された職務内容、役割、責任の作成、従業員の説明責任
  • の創出と支給
  • 企業文化の強化
  • 顧客と従業員のエンゲージメントの向上

職場でのコミュニケーションが重要な理由

職場でのコミュニケーションは、事業運営と全体的な作業環境の両方と直接相関しています。以下は、職場でのコミュニケーションが重要な理由です。

  1. 気晴らしを減らす: 従業員の職務や期限に直接関係しないコミュニケーションを避け、すべての人の集中力を維持します。ビジネスプロフェッショナルは、可能な限り、適切な情報のみをタイムリーに共有する必要があります。


  2. チーム構築: 効果的なコミュニケーションは、チームメンバーが自分とチームメンバーの責任の両方を理解するのに役立ちます。明確に伝えられた期待は、混乱を減らし、指針を提供し、潜在的な競合や誤解が表面化するのを阻止します。確立された効果的な通信プロトコルは、通信ギャップを減らし、大幅にチーム構築の可能性を高めます。


  3. より幸せな従業員: チームの成功、失敗、不満について定期的に問い合わせることにより、チームのサポートを提供します。フィードバックを要求し、承認すると、マネージャーと従業員との関係の共生的な性質がチームに示されます。誰もが声を与えられたとき、彼らは職場ではるかに快適で幸せを感じるでしょう。


  4. 拡張: 内部業務に関連するすべての人が同じページに表示されるようにすることで、一貫性のある外部コミュニケーションの可能性が高まります。従業員全員が異なる情報を受信している場合、社内外を問わず、誤った通信が必ず存在することになります。組織化された統一された会社は、はるかに魅力的で、消費者に保証されています。


  5. 管理の向上: コミュニケーション不足は、企業を内側から侵食し、サプライチェーンに関わるすべての人にトリクルダウン効果をもたらします。強力なコミュニケーションスキルを実証する経営陣は、社内の他のすべての人のための例を設定します。例によって導くことで、従業員は自分自身や他の人のために話すことができるようになります。

貧しい通信の影響

introduction 32056

大企業は、以上の平均損失を報告します $62 百万ドル 効果のない従業員のコミュニケーションのために年。小規模企業も、効果のないコミュニケーションによる悪影響を感じています。年間平均損失は42万ドルです。企業が不適切なコミュニケーションによって傷ついている他の方法には、次のようなものがあります。

  1. ネガティブな企業文化: 従業員は、彼らが聞かれていないと感じた場合、自分の役割に満足する可能性が非常に低いです。誤通信は、チェックを外すと、紛争や深い憤りに発展する可能性があります。お客様はむしろ、有毒な仕事文化を持たない企業とビジネスを行う必要があります。特に、その毒性が顧客サービスの実践にトリクルダウンする場合。


  2. 法的影響: 職場でのコミュニケーションが適切に行われないと、ビジネスが法的トラブルに巻き込まれる可能性があります。コミュニケーションの誤りの重大度に応じて、人事チームは訴訟を回避するために不可欠です。法律上の問題は高価であり、評判を損なうため、明確なコミュニケーション慣行で回避することがしばしばあります。


  3. オンボーディングの問題: 当然のことながら、労働者は、有毒な職場よりもポジティブな職場文化を持つ場所で働くことを望んでいます。応募者は、統一された面接チーム、または少なくとも、あなたの会社を代表する、熟達し、よく訓練された面接官と会う必要があります。この効果的なコミュニケーションは、オンボーディングとトレーニングのプロセス全体を通して継続する必要があります。

職場コミュニケーションへの障壁

人間のコミュニケーションは非常に複雑です。職場のエチケットを定義する個人のアイデンティティや文化的規範を考慮する場合、職場では、コミュニケーションはさらに複雑です。職場での効果的なコミュニケーションの障壁には、次のようなものがあります

  1. 。テクノロジー: テクノロジーがコミュニケーションをより効率化していると考えている人もいますが、必ずしもそうではありません。口頭による手がかりとボディランゲージは、メッセージの送受信方法に大きな違いをもたらします。


  2. アクセス不能: 職場でのコミュニケーションが複雑で、専門的な専門用語に惑わされている場合、従業員はよりアクセスしやすい言語を利用した場合ほど明確に理解できないことがあります。一部の従業員や顧客は、頭字語や用語を理解しておらず、結果として職場のコミュニケーションが大きく苦しんでいる場合、明確化を求めることを避けるでしょう。


  3. 気晴らし性 :コミュニケーション中に人々が悩むことがあります。特に、彼らは多くのストレス下にある場合。


  4. 障害: 心身の健康障害は、コミュニケーションができるだけ効果的に起こることを妨げる可能性があります。聴覚障害や音声の問題により、通信ミスの原因となる場合があります。不安は、重要な会話の間に過敏症や気晴らしとして現れることがあります。


  5. アイデンティティ: 言語、アクセント、宗教、政治的見解、文化的違い、性別、その他のアイデンティティの要因の変動は、必要のない場所に混乱や緊張を引き起こす可能性があります。偏見やステレオタイプも認識し、職場で猛烈に戦闘することが非常に重要です。

    従業員は、多様性と寛容に十分なトレーニングを持っている必要があります。スタッフはまた、自分自身とは異なるアイデンティティを持つ個人に対する不適切な行動やコミュニケーションに起因する結果に注意する必要があります。受け入れ、説明責任、アクセシビリティの文化を育むことは、アイデンティティに基づく誤解や競合を減らすのに役立ちます。


  6. 環境: 極端な温度、騒音、閉じたドア、または間隔の広い間取りは、同僚間のコミュニケーションを妨げる可能性があります。

改善するにはどうすればいいですか?

ビジネスプロフェッショナルは、職場でのコミュニケーションの失敗について理解を深めると、社内外のコミュニケーションの改善に注力できるようになります。以下は、職場でのコミュニケーションを改善するためのヒントです。

  1. コミュニケーショントレーニング: 従業員の 91% が 彼らの指導者は完全にコミュニケーション能力が不足していると感じる。ビジネスのコミュニケーションチャネルには、より高度な管理のための適切なトレーニングが不可欠です。コミュニケーショントレーニングは、メンターシップ、セミナー、コーチングを通じて、従業員のキャリアを通じて定期的に強化することが理想的です。


  2. フィードバックの提供: 従業員が明確に理解し、快適に過ごすことができる従業員のフィードバックシステムを提供します。確立されたフィードバックシステムは、従業員が自分の役割で自分のパフォーマンスを測定するための一貫した指標を提供し、彼らに彼らの強みと改善を使用することができる領域を示します。フィードバックシステムは、従業員のパフォーマンスに関する双方向の会話も奨励し、成長と改善を促します。


  3. パワーダイナミクス: 適切な場合、ハイアップは、従業員とオープンドアポリシーを提供する週に少なくともある程度の時間を持つ必要があります。従業員は、個人の生活と様々な感情を持つ人間であり、役割の肩書きにかかわらず、リーダーから良識と尊敬に値する。スタッフのフィードバックは、ビジネスの収益を最適化するための貴重な資産です。


  4. 懲罰的な会話を減らす: 透明性を促進する建設的で穏やかな会話は、懲罰的な正式な会話よりもずっと生産的で楽しいものです。会話が難しい場合は、従業員にコーヒーを飲んでチャットすることを検討してください。

    そうすることで、より重要なフィードバックを受けながらシャットダウンする可能性が軽減されます。カジュアルな対面会話は、受容性を高め、強力なリーダーシップを発揮し、従業員が単なる労働者ではないことを見せます。


  5. 通信ソフトウェアへの投資: 通信ソフトウェアは、メッセージ、通知、および更新のためのさまざまなプラットフォームの監視に関する不必要なストレスを生じさせる代わりに、通信のための集中的な場所を提供します。

    コミュニケーションアプリにより、スタッフは社内でも社内でも重要なコミュニケーションを即座に合理化できます。これらのアプリは、長いスレッド内で個々のメールが失われるリスクを軽減し、情報とデータにアクセス可能かつ整理された状態に保ちます。従業員がソフトウェアに慣れていることを確認し、必要に応じてトラブルシューティングやテクニカルサポートに連絡するように促します。

コミュニケーションチームビルディング活動を強化するための

introduction 32059

チームビルディング活動 は、職場でのコミュニケーションを改善することが証明されています。チームビルディング活動は、チーム内の関係を育成し、強化するために使用される演習です。理想的なチームビルディング活動は、従業員にとって教育的で楽しいものになります。これらの活動は、従業員が互いに考えて、異なるコミュニケーション方法を理解するのに役立ちます。以下は、チームビルディング活動の2つの例です:

真実と嘘 :5人以上の人々を組み立てて、それぞれの状態に2つの真実と自分自身についての嘘を指示します。この演習は、同僚を知り、信頼を構築し、お互いのボディランゲージキュー

禅カウンティング に拾うための楽しい方法です:サークルに座って、各個人が1つだけの数字を言って、1から10から数えて開始するようにチームメンバーに指示します。誰かが他の人を中断したり、番号を繰り返したりすると、チーム全体がやり直されます。この演習は、アクティブリスニングと協力

なぜ書面によるコミュニケーション事項

書面によるコミュニケーションは、職場での効果的なコミュニケーションを促進するために、口頭でのコミュニケーションと同じように対処するために不可欠です。テクノロジーが増えるにつれて、書面によるコミュニケーションが一般的になり、多くの対面会話や電話での会話に取って代わります。コミュニケーションをプロフェッショナルで明確にし、会話がカスタマーサービスまたは社内メモにフォーカスされているかどうかにかかわらず、メッセージを正しく伝えることが重要です。

書面によるコミュニケーションは、さまざまな点でユニークです。


  1. 永続性: 書面によるコミュニケーションは、相互作用の永続的な記録を提供します。通信がデジタルで送信された場合、送信者と受信者の両方が通常、タイムスタンプにアクセスでき、配信の成功の確認ができます。これらの書面による記録は、従業員のパフォーマンスに関する人事会議でも、司法問題が発生した場合に法的手続きでも、特定の会話を参照する必要がある場合に非常に貴重です。


  2. 効率性: 書面によるコミュニケーションは、内部メモや株主への声明など、一度に多くの人々にメッセージを送信することを可能にします。関係する各当事者に個別に連絡する時間を費やす代わりに、毛布文書を微調整してすべての受取人に送ることができます。


  3. ブランド定義: ソーシャルメディアや電子メールで会社の声をパーソナライズできる機能は、ビジネスが独自のブランドを作成するのに役立ちます。ソーシャルメディアや広報担当者は、スラングやハッシュタグなどのデバイスを利用して、特定の顧客をターゲットにすることができます。

良いコミュニケーション

introduction 32061

の利点低い書面によるコミュニケーション能力は、あなたの収益のために悲惨なことがありますが、効果的な書面によるコミュニケーションには多くの利点があります。以下に挙げるのは、全社的に効果的なコミュニケーションチャネルを開発した結果、企業が経験できるメリットです。

  1. 競合嫌い: 通信ミスを回避することで、多くの問題が悪化する前に停止します。紛争解決は、すべての関係者が聞かれ、検証され、誰もが相互に有益な解決策を見つけるために協力することができると感じたときに最もよく行われます。


  2. 信頼構築: コミュニケーションの透明性は、職場における信頼の文化を促進します。


  3. 関係の改善: アクティブリスニングは、尊敬を促進し、プロの所属を強化します。


  4. チーム構築: チームメンバーは、彼らが互いに頼ることができると信じたときに説明責任が高まります。チームビルディングの演習を使用すると、この仲間がさらに向上し、ビジネスの仕事文化だけでなく、収益全体にプラスの影響を与えます。

結論

  • 職場の通信は、ビジネス内のデータの転送です。効果的な職場でのコミュニケーションは、データが転送され、正確に受け入れられると発生します
  • 大企業は、従業員のコミュニケーションが効果的でないために年間平均6200万ドル以上を失います。一方、小規模企業は年間平均42万ドルを失います効果的なコミュニケーションの
  • 障壁障害から気晴らしまで
  • コミュニケーショントレーニングとコミュニケーションソフトウェアへの投資は、ビジネスオーナーが従業員のコミュニケーションを向上させることができる方法のほんの数
  • です
  • チームビルディング活動は職場でのコミュニケーションを改善し、理想的には有益であり、従業員のための楽しみ
  • 書面によるコミュニケーションは、特に私たちの技術時代において、言葉によるコミュニケーションとして議論するために必要な
  • ものです
  • 紛争嫌悪からチームビルディングまでの良好なコミュニケーションの範囲のメリット