Communication Barriers In The Workplace | 1 min read

職場

the top barriers to effective communication in the workplace
Mary Kate Morrow

By Mary Kate Morrow

でのコミュニケーション障壁における効果的なコミュニケーションのトップ障壁は、インクルージョン性の欠如から非アクティブなリスニングまで多岐にわたります。

概要

平均して、大企業は年間 6200万ドル 以上を失い、中小企業職場でのコミュニケーション障壁の結果として年間42万ドル以上を失う。

職場での

コミュニケーションの障壁が職場にもたらす影響は、ネガティブな企業文化の育成、法的問題に至るまで、幅広い結果をもたらします。職場でのコミュニケーションが乏しい企業が直面する可能性のある影響を以下に示します。

  1. ネガティブな企業文化: 職場でのコミュニケーションの障壁があるとき、従業員が自分の役割に満足したり満足したりすることはまずありません。あなたのスタッフは、彼らがあなたやその同僚によって評価、聞き、または検証されていないと感じることがあります。全@@

    社レベルでコミュニケーション障壁が発生すると、企業文化全体が損なわれます。誤通信は、アドレス指定されずに放置された場合、紛争や深い恨みに発展することができ、従業員間の感情的な障壁を生成することができます。

    ネガティブな企業文化は、ビジネスの収益に非常に大きな影響をもたらします。顧客は、有毒な仕事文化を持たない企業にビジネスを与え、働くことを好みます。

    コミュニケーションの障壁がスタッフからクライアントベースに流れ込むと、カスタマーサービスは悪影響を受けます。顧客があなたの企業文化に不満を持っている場合、彼らはあなたのサービスや製品の代替会社を求める可能性があります。


  2. 身体的および精神的健康の問題: 一貫性の低いコミュニケーションは、従業員のストレスレベルの上昇につながります。慢性的なストレスを経験する人々は、 精神的および肉体的健康上の懸念の両方を発症する可能性がより高い。

    従業員が強調されている場合、彼らは生産性が低く、間違いを犯したり、重要な期限を逃す可能性が高くなります。さらに、ストレスのこの増加レベルは、従業員の自尊心に悪影響を及ぼす可能性があります。

    最初からコミュニケーションの欠如は、彼らのパフォーマンスを傷つけ、彼らの役割に効果的な方法を理解からそれらを妨げるだろうとしてオンボード新しい従業員をもたらすとき、これは非常に一般的です。これを避けるには、従業員が支援が必要なときに手を差し伸べるように促し、セルフケアを実践してください。


  3. 法的問題: 職場でのコミュニケーションの問題に適切に対処しないと、法的紛争でビジネスを着地する可能性があります。法的問題は、高価なだけでなく、彼らは個人やビジネスの評判を損なうだけでなく、.

    人事チームは、コミュニケーションミスの問題に迅速かつ適切に対処する必要があります。従業員が何であれ、懸念事項について話し合うために人事と面会することが歓迎されていることを知っていることを確認してください。

    不健全なコミュニケーションを持つ職場では、従業員は人事との話を脅迫を感じたり、問題を報告するとリスクに自分の仕事を置くことを心配することがあります。職場での明確なコミュニケーションが実践されている場合、多くの法的問題を回避することができます。

職場における効果的なコミュニケーション

introduction 31859

コミュニケーションのトップ障壁は複雑で、さまざまな媒体で発生します。ビジネスプロフェッショナルが職場のコミュニケーションを最適化するためには、ミスコミュニケーションが発生する最も一般的な方法を理解する必要があります。職場での効果的なコミュニケーションの障壁には、次のようなものがあります

  1. 。テクノロジー: テクノロジーがコミュニケーションを改善したと考えている人も多いのですが、必ずしもそうではありません。対話や電話での会話中に表示される言葉の合図やボディランゲージは、情報の送受信方法に大きな違いをもたらすことができます。


  2. アクセス不全: 職場でのコミュニケーションは、書面や口頭でのコミュニケーションが不必要に複雑であるか、またはすべての従業員が精通していない専門用語にあまりにも重く依存している場合に悪影響を及ぼします。言語を明確かつ直接的に保つことで、コミュニケーションを改善し、言語の壁を最小限に抑えます。

    頭字語や用語を理解できない場合は、従業員や顧客が説明を求めることはできません。明確でアクセシブルな言語を使用すると、コミュニケーションを改善し、コミュニケーションの誤動作を最小限に抑えるのに役立ちます。


  3. 気晴らし性: アクティブリスニングを練習していない場合、従業員は会話を誤解する可能性があります。従業員にお互いに注意深く耳を傾け、誤った仮定をしないようにしてください。


  4. 障害: 心身の障害は、コミュニケーションを妨げる可能性があるため、共通の障壁です。聴覚障害や音声の問題は、情報が明確に伝達または受信されない場合、意図しない誤った通信を引き起こす可能性があります。

    不安などのメンタルヘルスの問題は、重要な会話の間に怒りや気晴らしとして提示することができます。書面や口頭でのコミュニケーションがすべての能力の従業員にアクセスできない場合、メッセージは明確に受信されないことがあり、誤解は有毒な労働文化を作り出す可能性があります。


  5. アイデンティティ: すべての人間は、独自の言語、アクセント、宗教、政治的見解、文化的違い、性同一性、およびアイデンティティの追加面を持っています。これらの違いは、私たちをユニークにするものですが、職場でのコミュニケーションの障壁を作り出す可能性があります。適切な多様性と寛容なトレーニングを提供することで、言葉の壁や文化的障壁を認識し、職場における偏見やステレオタイプに激しく対抗するようにしてください。

    身元が自分と違う相手と話すとき、マインドフルネスや礼儀を練習する。例えば、女性の集団に「お前ら」と言えば犯行を起こす可能性がある。また、中西部からではない誰かに「ya'lll」と言って、それらを不快にさせる可能性があります。

    スタッフはまた、自分自身とは異なるアイデンティティを持つ個人に対する不適切な行動やコミュニケーションに起因する結果に注意する必要があります。

    各個人が異なるコミュニケーションスタイルを持っていることを常に念頭に置いておくことが重要です。受け入れ、説明責任、開放性の文化を育むことで、誤解や葛藤が軽減され、コミュニケーションが全体的に改善されます。


  6. 環境: 厳しい温度、気を散らす音、密閉されたドア、または同僚を隔てる間取りによって、職場でのコミュニケーションの障壁が生じることがあります。環境の過剰な刺激は、従業員が行うために設定された作業を達成することを妨げる情報の過負荷を引き起こす可能性があります。また、フロアプランのチームの不適切なレイアウトは、従業員間の物理的な障壁を作成し、効果的なコミュニケーション能力を制限することができます。彼らは

    、その後、彼らが生産する仕事に反映されます自分の環境で安全を感じていないように、これは、順番に、従業員のためのコミュニケーションへの感情的な障壁として現れることができます。職場環境がオープンで魅力的、気晴らしが多すぎないようにすることで、従業員の効率を大幅に向上させることができます。