Communication Styles In The Workplace | 1 min read

職場でのコミュニケーションスタイルとそれらを

communication styles in the workplace and how to navigate them
Mary Kate Morrow

By Mary Kate Morrow

ナビゲートする方法職場での4つの異なるコミュニケーションスタイルは、アグレッシブ、パッシブ、パッシブアグレッシブ、積極的、および断定です。

概要 職場の機能におけるコミュニケーションスタイルは、 ビジネスオーナーが収益を最適化するのに役立ちます方法を

理解します。

なぜ効果的なコミュニケーションが重要か

効果的なコミュニケーションは、成功し、永続的なビジネスのビルディングブロックです。効果的なコミュニケーションの利点は次のとおりです。

  1. 競合の少ない: 適切なコミュニケーションは、より大きな問題に発展する可能性のある通信ミスを減少させます。すでに発生しているコミュニケーションミスの場合、効果的なコミュニケーションにより、人事担当者が競合に対処し、解決できることを確認できます。紛争解決は、すべての関係者が検証していると感じ、誰もが相互に有益な解決策を決定するために協力して働くことができる場合に最も効果的です。


  2. チームワークの促進: チームメンバーが互いに頼れるときにアカウンタビリティが恩恵を受けます。チーム構築の演習は、効果的な通信システムを開発し、維持するのに役立ちます。チームワークの企業文化は、ビジネス全体の収益にプラスの影響を与えます。

    効果的なコミュニケーションは、チームメンバーがより良い彼らの個々の責任だけでなく、チームメンバーの両方を理解するのに役立ちます。明確に述べられた期待は、混乱を減らし、方向性を提示し、発生する競合とエラーの両方を減少させます。効果的な通信プロトコルを設定することで、チーム構築の可能性を高めながら、通信のギャップを減少させます。


  3. 生産性の合理化: 業務担当者は、職務や重要な期限と直接相関しないコミュニケーションを意識的かつ一貫して回避することで、すべての人が作業負荷に的を絞ることができます。ビジネスプロフェッショナルは、適切な情報のみを、可能な限りタイムリーに共有するように努めるべきです。


  4. より満足し、より幸せな従業員: 成功や不足、経験している困難について継続的に質問することで、従業員のサポートを提供してください。従業員のフィードバックについて照会し、承認すると、あなたの従業員は、自分の意見を大切にし、自分の幸せを気にすることを示しています。誰もが自分の意見を表明快適を感じると、誰もが仕事中により満足し、幸せを感じるでしょう。


  5. 統一された情報: 社内業務のすべてのユーザーが同じページに表示されるようにします。そうすることで、株主であろうとクライアントであろうと、組織外のユーザーとの一貫した外部コミュニケーションの可能性が高まります。

    異なる情報を受信する従業員は、社内外を問わず、誤った通信を行う可能性が高くなります。組織化された統一されたビジネスは、はるかに効果的で、効率的で、生産的です。


  6. より良い管理: 効果のない管理コミュニケーションは、内部から企業を腐食し、マイナスのビジネスのサプライチェーンに関与するすべての人に影響を与えることができるトリクルダウン効果を生成します。強力なコミュニケーションスキルを発揮する経営陣は、従業員のための手本として機能します。例を例に挙げると、従業員が自分のビジネスを改善できる方法を見れば、自分や他の人のために話すことができるように、快適に感じられるようにしましょう。

職場のコミュニケーションを最適化するために、ビジネスの専門家は、職場の多くのコミュニケーションスタイルがあることを考慮する必要があります。

コミュニケーションスタイルの4つの異なるタイプは、ビジネスの専門家が自分自身に慣れるべき職場でのコミュニケーションスタイルの4つの異なるタイプ

why effective communication matters 31841

があります。これらのスタイルは次のとおりです

。1.積極的なコミュニケーションスタイル: 積極的なコミュニケータは、自分の意見を表現するのに問題はありません。残念ながら、彼らの積極性は、貢献する他の能力から離れて奪うことができます。積極的なコミュニケーションスタイルは、他のコミュニケーションスタイルで従業員を脅迫、オフプート、または動揺することができます。誰かが積極的なコミュニケータであることのいくつかの物理的な兆候は含めることができます:

  • 個人的な空間の無視
  • 攻撃的なボディランゲージ
  • Smirking
  • 強烈なまたは誇る目の接触
  • 大声
攻撃的なコミュニケータと対話する最も効果的な方法は、自信を持って静かに必要な情報を入手することです。対話しているときは、会話が生産的でない場合は、構成を維持し、離れて離れて歩いてください。

2.パッシブコミュニケーションスタイル: パッシブコミュニケーションスタイルを持つ人々は、おそらく静かで、自分自身です。誰かがパッシブコミュニケータであることのいくつかの物理的な兆候は含めることができます:

  • 目の接触の回避
  • 過度に謝罪
  • 落ち着きのない
  • 貧しい姿勢
  • 静かな声
受動コミュニケータと対話する最も効果的な方法は、直接と1対1を取ることであるアプローチ。あなたが対話しているときは、あなたが忍耐強く、適切に対応するために十分な時間を提供してください。

3.パッシブ・アグレッシブなコミュニケーションスタイル: パッシブ・アグレッシブなコミュニケーションスタイルを持つ人々は、多くの場合、彼らの積極的な行動とそのパッシブな言葉との間の切断を持っています。誰かがパッシブアグレッシブコミュニケータであることをいくつかの物理的な兆候は含めることができます:

  • 過度の皮肉
  • 不適切な表情
  • スタンドオフ ish
  • つぶや
くパッシブアグレッシブコミュニケータと対話する最も効果的な方法は、直接と1対1のアプローチ。あなたが対話しているときは、明確化を求め、あなたのニーズと希望を明確に述べてください。

4.アサーティブコミュニケーションスタイル: アサーティブコミュニケーションスタイルを持つ人々は、通常、敬意と効果的なコミュニケータです。彼らはまだ会話の中で他のニーズを意識しながら、渡って自分のメッセージを取得します。誰かが断定コミュニケータであるいくつかの物理的な兆候が含まれていてもよいです:

  • 非威嚇アイタクト
  • 適切なボディランゲージ
  • ストレート姿勢
  • 自信を持って明確な声断定コミュニケータと
対話する最も効果的な方法は、彼らを増幅することですパワーとあなたの労働力に存在する他のコミュニケーションスタイルをナビゲートするために彼らの才能を雇います。これらのコミュニケーターは、優れたリーダーとメディエーターを作り、あらゆるビジネスにとって貴重な資産です。