How To Improve Workplace Communication Skills | 1 min read

職場のコミュニケーションスキルを向上させる方法

how to improve workplace communication skills
Mary Kate Morrow

By Mary Kate Morrow

ビジネスの専門家は、成功し、長寿命のビジネスを創造し、維持するために、職場のコミュニケーションスキルを向上させる方法を理解する必要があります。

導入

大企業は、職場でのコミュニケーション障壁の結果として、6200万ドル以上を失い、小規模企業は年間42万ドル以上を失います。大企業と中小企業の経営者は、適応し、成功するために、職場のコミュニケーションスキルを向上させる方法を継続的に研究しなければなりません。

職場コミュニケーションを改善するためのヒントとコツワークプレイスコミュニケーションは、ビジネス内のデータの転送です。効果的な職場でのコミュニケーションは、データが正確に送受信されるときに行われます。以下は、職場での全体的なコミュニケーションを改善するためのヒントとコツです:

  1. 注意してコミュニケーション: コミュニケーションは、単に口頭でのコミュニケーションよりも複雑な方法で行われます。他人とコミュニケーションするときには、非言語的なボディランゲージやトーンを意識していることを確認してください。

    あなたの声を上げることは避け、あなたの表情をリラックスしてください。適切なアイコンタクトを維持し、正しくメッセージを受信したことを認識するために頭をうなずく練習します。


  2. 注意: あなたが持っている会話に集中していることを確認し、気晴らしを避けてください。会話中に常に電話をチェックすることは失礼であるだけでなく、誰かがあなたと通信しているものを完全に聞くことはできません。あなたの従業員と係合し、彼らはあなたに話している間、彼らと適切なアイコンタクトを維持することにより、敬意を示してください。


  3. アクティブリスニング: 一方向の会話は非生産的で圧倒的です。一時停止して質問をし、必要なときにいつでも説明を求めるようにチームメンバーに促します。アクティブリスニングは、あなたの従業員が聞かれ、検証されたと感じられるのを助けます。


  4. リーダーシップの向上: 不適切なコミュニケーションは、内側から企業を腐食させます。効果のないコミュニケーションは、顧客サービスの減少を含め、サプライチェーンに関わるすべての人にとってトリクルダウン効果もあります。

    経営陣とリーダーシップの役割は、会社の他の人のための基準を設定するために、強力なコミュニケーションスキルを発揮しなければなりません。例によってリードすることは、職場でのコミュニケーションを改善する最良の方法の1つです。
職場でのコミュニケーションが効果的になると、企業は収益を改善し、ビジネスのサプライチェーンの全員が利益を得るでしょう。効果的な職場コミュニケーションスキルの利点には、次のようなものがあります。

  • 明確に確立された職務内容、タスク、責任
  • の作成、維持アカウンタビリティ
  • の強化企業文化の強
  • 従業員関係の向上
  • カスタマーサービスの最適化

ビジネス成長のための効果的なコミュニケーションの利点職場コミュニケーションスキルを向上させる方法

introduction 31797

を学ぶことは、事業運営と全体的な作業環境の両方にプラスの影響を与えます。職場でのコミュニケーションを改善することが有益である理由はたくさんあります。

  1. 生産性の向上: 職務や重要な期日に直接関連付けられていない非生産的な会話を減らすことによって、誰もが現在の仕事に集中することができます。ビジネスプロフェッショナルは、関連するデータのみを可能な限りタイムリーに共有するよう常に努力する必要があります。生産性の向上により、事業運営とベンチャーを拡大する可能性がもたらされます。


  2. 競合の減少: コミュニケーションの改善により、潜在的なコミュニケーションの誤動作が軽減され、より大きな問題に発展します。誤通信は、訴訟が進行するとコストがかかり、収益に悪影響を及ぼす緊迫した環境を作り出す可能性があります。

    人事部門がコミュニケーションの誤りに迅速に対処し、紛争を解決するための適切なトレーニングを受けていることを確認してください。競合解決は、誰もが検証済みであると感じて、協力して解決策を見つけることができる場合に最も効果があります。


  3. チームビルディング: 効果的なコミュニケーションは、従業員が自分の他人の責任の両方を理解するのに役立ちます。明確に伝えられた期待は、ストレスを減らし、方向性を提供し、コストのかかる間違いや緊張した紛争を防止します。確立された効果的な通信プロトコルは、通信ギャップを最小限に抑え、チーム構築の可能性を大幅に向上させます。
  4. より@@

  5. 幸せな従業員: 従業員が自分の間でコミュニケーションを快適に感じるとき、彼らは代わりに仕事に来ることを楽しみにし始め、その結果、より幸せでより生産的になります。従業員の成功、不満、困難について定期的に質問し、サポートを提供してください。誰もが検証された声を持っていると感じたら、職場ではるかに多くのコンテンツと幸せを感じるでしょう。


  6. 一貫性: 社内の業務に携わるすべての人に同じ情報が与えられるようにして、一貫性のある外部コミュニケーションの可能性を高めます。従業員全員が異なる情報を受け取ると、必ず誤ったコミュニケーションが生じます。

    誤通信は、社内外を問わず、企業の効率に悪影響を及ぼす可能性があります。組織的で一貫性のあるコミュニケーション企業は、消費者にとってより魅力的であり、コストのかかるエラーを生成する可能性が低くなります。

結論

  • 職場の通信は、ビジネス内のデータの交換です。効果的な職場コミュニケーションは、情報が正確に送信され、受け入れられる場合に発生します。
  • 大企業は、職場でのコミュニケーション障壁の結果として、年間6200万ドル以上、小規模企業は年間42万ドル以上を失います。
  • 職場のコミュニケーションスキルを向上させ、成功し、長寿命のビジネスを創出し、維持します。
  • 非口頭キュー、表情、アイタクトは、職場で他の人とコミュニケーションする際に心に留めておくべきボディランゲージの重要な側面です。
  • アクティブなリスニングとうなずきを練習して、あなたが話している相手を聞いたことを肯定し、会話中に質問やフィードバックを求めるように促します。
  • 業務やサプライチェーンに携わるすべての人が、職場のコミュニケーションを改善することで、プラスの影響を受けます。