Team Collaboration Best Practices | 1 min read

ビジネスでチームコラボレーションを確実にするためのベストプラクティスチームコラボレーションのベストプラクティスを実装することで、生産性、適応的思考、従業員の定着を促進する方法

the best practices to ensuring team collaborating in your business
Dakota Sheetz

By Dakota Sheetz

を学びます。

チームコラボレーション

チームのコラボレーションの利点は、複数の方法のためのビジネス設定で非常に有益です。議論し、代わりに個々のパフォーマンスに焦点を当てるのではなく、心のチームに任意の新しい問題を開放することは、フィードバックと共同チームワーク戦略を通じて効率を向上させるのに役立ちます。

一人が完璧な答えをまとめることができないかもしれませんが、部門間で提供されているソリューションをまとめると視点が得られ、しばしば友好的な解決につながります。

2014年にスタンフォードが実施した 調査 によると、プロジェクトを開始する前に共同作業を促された労働者の64%は、タスクにおいてより弾力性があった彼らの孤独な対応よりも。リテンションは、チームでのコラボレーションの多くの利点の 1 つにすぎません。中でも健全なコミュニケーション、年中無休のトレーニング、ドライビング競争を推進しています。
マネージャーとオーナーは、財政を指示し、供給を発注し、ハウスビジネスのフロントが繁栄し、成功するためのツールを持っていることを確認する舞台裏にいることを意図しています。

チームコラボレーション

benefits of team collaboration 31678

のベストプラクティス効果的なチームコラボレーションのベストプラクティスに関連する統計とメリットは、数十年のための@@ ビジネスの世界の専門家 。Forbesで書かれた記事では、高度なコラボレーション環境を持つ企業が使用するトッププラクティスについて説明し、一般的な習慣と成功要因を以下に示します

。1.個々のメリットは、企業全体のメリットと同じくらい重要です
どのチームともコラボレーションをやりとりし、自分の靴を履いて、共同作業が従業員の日に直接与える影響を考慮すると、ポイントホームの推進に役立ちます。

2.テクノロジーの前の戦略
テクノロジーがなぜ機能するのかを理解し、最新のトレンドで機内に飛び込むことで、時間とコストを節約できます。

3.従業員の声に耳を傾ける
従業員を意思決定プロセスの一部にすることで、すべての管理レベルにわたって信頼とコラボレーションを促進できます。

4.道から抜け出すことを学ぶ
ある時点で、あなたは従業員を一緒に働かせなければならない、あまりにも多くの規制はあなたのハードワークのすべてを逆にします!

5.例によって導く
社内で共同チーム構築の行動に従事するオピニオンリーダーが多いほど、他のリーダーが従う可能性が高くなります。

6.ワークフローへの統合
毎日の ToDo リストに別のタスクを追加したい従業員が世界にはありません。新しい共同行動を、追加のステップを追加することさえできない現在の業務慣行に統合することで、採用を促進します。

7.
個々のパフォーマンスボーナスを通じて従業員をやる気支援環境を作成します。情報を積む原因となることがあり、任意の共同作業環境を傷つけることができます。

8.重要事項の測定
ビジネスモデルにとって重要な指標を決定し、必須事項のみを追跡します。何かを測定できるからといって、それはあるべきではありません!

9.永続性
最初は成功しない場合は、もう一度試してみてください!共同作業のすべてがうまくいくわけではありませんが、いくつかの作業を見つけることは時間の価値があります。

10.適応と進化 社員の
声を聞くだけではなく、社員から学んでください。コラボレーションは、時間の経過とともに強くなる永続的なプロセスです。

11.社員のコラボレーションは顧客にもメリットがあります
社内データベースや部門間のサポートを活用することで、サポート担当者とやり取りする際の全体的なエクスペリエンスが向上します。重要な日常業務情報を持つ従業員が増えるほど、より良い!

12.コラボレーションは、世界をより良い場所にすることができます
職場でのストレスを軽減し、より良い仕事とのコラボレーションと従業員を接続することに加えて、簡単に職場やより良い従業員の日常生活の外に移動することができます。

作業完了のための目標とチームベースのタイムテーブルをタスクすることで、説明責任の向上と会社間競争のビットさえも増加するドライブにつながることになります。

benefits of team collaboration 31679

論結論として、運用基準を維持し、企業の可視性を向上させることは、潜在能力を最大限に引き出さない大小のビジネスオーナーにとって、成功の一歩であることが証明されています。

大規模なレストランチェーン、小規模のフードサービスビジネス、小売店など、あらゆるレベルでチームコラボレーションを促進するビジネスは有益です。

幸運なことに、効果的なチームコラボレーションを促進することは、標準的な手順を開発し、従業員が変更を最大限に活用できるようにシステムを導入することと同じくらい簡単です。

後ろの冷蔵庫で安全検査や食品が悪くなることを強調しません。最新のレストラン技術により、従業員のエラーマージンを迅速に削減し、サプライチェーン全体にわたって安全基準を向上させることができます。
トップからリードします。すべてのレベルで起こっていなければ、従業員は共同作業に意欲的ではありません。

  • 最初にあなたが成功しない場合は、適応し、進化して、もう一度試してみてください!
  • 従業員が繁栄できる支援的な環境を作りましょう!
  • 質問をして、受け取った回答に耳を傾けてください。

チームコラボレーションのベストプラクティスと上記の成功要因を実装することで、無数の企業が可視性を高め、自由な思考を促進し、これまで考えられなかった方法で成長することができました。

これまで遠く離れた部門間でオープンなコミュニケーションがあり、重要な指標を正確に追跡できる場合に、トップレベルのマネージャーが何をできるか想像してみてください。